セノッピーは効果なしと成長期の後に気づいても遅い!早く知りたい!

セノッピー 効果なし

セノッピー」は森三中の大島さんも太鼓判を押すほどに注目されている成長サポートグミですが、毎日飲んでいても、まったく効果なしだとむなしくなるだけです。

セノッピーを飲み続けた挙げ句、成長期が終わった頃に効果なしだとわかっても、成長期の前に戻って再チャレンジすることはができません。

こんな失敗をしたいとは誰も思わないですから、セノッピーをのんだら効果があるのか、効果なしなのか、飲む前に判断したいと考えるのは当然でしょう。

しかし、セノッピーはもちろんのこと、成長サポートサプリが本当に効果があるのかどうか、飲み始める前に判断するのは不可能です。
未来予知でもできない限りは不可能です。

その結果、「効果があるかどうかもわからないセノッピーを飲む必要はなし」と言いたくなりますが、セノッピーは成長期に欠かせない栄養素を効率よく補給するという点では役立ちます。

成長期にしっかりと成長するために必要な要素は?

人間は第二次性徴期を終えておとなになるまで、心身ともに急激に成長していきます。

この成長期においては「睡眠・栄養・運動」という3点のポイントが最も重視されています。

運動

運動をしっかりとすることで、身長を伸ばすために欠かせない骨端腺は活発に働き始めるようになり、からだの成長を促すことが知られています。
昔と比べると、現代社会では、こどもが体を動かす機会が少なくなりがちですが、時間を見つけて全身を動かす遊びや運動をするといいでしょう。

睡眠

成長ホルモンをしっかりと分泌するためには睡眠が欠かせません。
現代は、幼い頃から夜ふかしする習慣が付きやすいですが、必ずしも早寝早起きがベストとは言えないものの、しっかりと熟睡して成長ホルモンが出るように、睡眠時間と睡眠の質の確保は欠かせません。

生活習慣が乱れると、睡眠が浅くなりやすくなるため、成長ホルモンの分泌量は減少する傾向が見られます。
規則正しい生活が、しっかりと成長するのに役立ちます。

食事

偏食がひどかったり、食事を抜いてオヤツばかりを食べるなど、栄養バランスが崩れた食生活を続けていると体の成長に悪影響が出かねません。

かといって、「これを食べたら身長が伸びる」といった都合の良い食材はないです。(スーパーフードは近いかもしれません)

そこで、添加物が多く、成長の役に立たない食材を食べないようにしながら、多くの栄養素を含んだ食材を幅広く食べて、必要十分な栄養を過不足なく摂取することが欠かせません。

一般的に、「カルシウム・マグネシウム・亜鉛・タンパク質」が身長を伸ばすために特に重要な栄養素、「カルシウム・マグネシウム・ビタミンD・たんぱく質」の4種類が骨の成長に欠かせない栄養素と追われています。

しかし、厚生労働省の「国民健康・栄養調査」によると、特に未成年での野菜摂取が足りないことが明らかになっています。

そこで、骨の成長に欠かせないカルシウムだけでなく、アルギニンやボーンヘップなど、体内の吸収率を高めるのに役立つ栄養素をセノッピーに配合しています。

セノッピーは、21種類の野菜エキスや乳酸菌なども配合されており、管理栄養士もお墨付きをつけるほどに栄養バランスが優れた配合となっています。

食事では足りない栄養素をセノッピーで補い、しっかりと睡眠をとって運動をすることで、成長期にしっかりと体を育てることができます。

セノッピーを食べてはいけない人はいる?

セノッピーを食べた結果、体調不良などのトラブルを起こしてしまうと、効果なしなどといっている場合ではなくなります。

代表的なトラブルとしてあげられるのが「食物アレルギー」です。
食物アレルギーのアレルギー症状には個人差がありますが、アナフィラキシー反応やアナフィラキシーショックを起こすと死亡するおそれがあります。

このアレルゲンが出やすい食材を「特定原材料」(7品目)、「特定原材料に準ずるもの」(20品目)と呼んでいます。
セノッピーでは「乳、卵、大豆、ゼラチン」が使われています。

なお、セノッピーは、以下の原材料から作られています。

水飴、麦芽糖、ゼラチン、濃縮グレープ果汁、粉末オブラート、ホエイたんぱく濃縮物、鉄含有酵母、はちみつパウダー、リンゴ果汁末、乳酸菌、納豆菌滅菌粉末、卵白蛋白加水分解物、DHA・EPA油、大麦若葉、ケール、ブロッコリー、キャベツ、大根葉、南瓜、さつまいも、チンゲン菜、パセリ、人参、セロリ、苦瓜、ほうれん草、桑の葉、モロヘイヤ、よもぎ、白菜、アスパラガス、トマト、野沢菜、れんこん、/ ソルビトール、香料、クエン酸、光沢剤、乳酸カルシウム、リン酸カルシウム、乳化剤、ビタミンD、キシリトール、ビタミンE、アルギニン、バリン、ロイシン、イソロイシン、V.C、ラクトフェリン、抽出V.E、ナイアシン、パントテン酸Ca、V.B1、V.B6、V.B2、V.A、葉酸、V.D、V.B12

「特定原材料・特定原材料に準ずるもの」だけに限らず、アレルゲンとなる食材を食べた後、短時間のうちに食物アレルギーを発症するケースもあれば、しばらく時間が経過してから発症する場合もあったりとさまざまです。
あなたが食物アレルギーがあるかどうか、医療機関などでチェックすることで、セノッピーを安心して食べられます。

ぶどう味でおいしく食べやすいグミ

成長サポートサプリメントというと、粉末になっていて、水などに溶かして飲む必要があったり、錠剤やカプセルなど、普通のサプリのような形になっていることが多いですね。

しかし、粉末状のものは添加物が少なくて済むというメリットはあっても、味が良くないので飲みづらい、溶かす手間が面倒なので、徐々にほったらかしになることが多いです。

錠剤やカプセルは、粉末や飲料と比べて添加物が多くなりやすい傾向がある上、特にこどもにとっては飲みにくいです。

そこで、セノッピーでは、「グミ」にすることで、子供でもお菓子感覚で食べやすく、好きな人が多い「ぶどう味」にするなど、さまざまな工夫がされています。
1日2粒、セノッピーを好きな時に食べるというのも、飽きることなく、毎日続けられるのも嬉しいですね。

さらには、セノッピーにキシリトールが含まれているため、歯が丈夫になったり、虫歯予防にも役立つなどのメリットがあります。

セノッピーは高いので購入しづらい?

セノッピーがあなたのお子さんの栄養補給に役立つことはわかっても、あまりに値段が高いと購入しようとも思わないですよね。
人生に成長期は1回しかないとはいっても、高額すぎると経済的に厳しいので、セノッピーは買えないのではないでしょうか?

セノッピーはどこで買える?

セノッピーはドラッグストア、薬局、ショッピングモールなどでは購入できません。
通信販売でしか買えないサプリです。

なお、セノッピーがネットオークションやフリマアプリなどに時々出品されていますが、これらは全て転売品です。

これらの個人間売買でセノッピーを手に入れて、食べてから健康被害などが起こっても、販売元は責任を問われない場合が多いです。
出品者に医療費や健康被害の賠償などを求めることになるため、泣き寝入りになる可能性が高いです。

このようなトラブルに巻き込まれないためには、セノッピーを販売元から購入したほうがいいでしょう。
通販で買えば、自宅にいながらにして受け取れるために手間もかかりません。

セノッピーは安い?高い?

セノッピーの定価は1袋30粒入りで6,980円(税別)です。

セノッピーの販売元の推奨どおりに食べると1ヶ月で2袋となり、月14,000円程度が必要です。
思わず「高い」と感じるのではないでしょうか?

セノッピーに毎月14,000円も支払うのは無理だという人は、定期購入を利用するといいでしょう。

初回は86%OFFの1,980円(2袋:税別、送料無料)、2回目以降は72%OFFの3,980円(2袋:税別、送料無料)と、1袋6,980円よりも大幅に安いです。

セノッピーの定期購入は、いつでも一時休止・解約ができます。
最低購入回数のノルマや解約手数料などがないので、手軽に定期購入を始められるのではないでしょうか?

>>定期購入でオトクにセノッピーをはじめる