セノッピーは幼い頃から食べても問題ない?何歳から食べたら効果的?

成長期サポートグミサプリ「セノッピー」は、お子さんの成長期に欠かせないビタミンやミネラルなどをスナック菓子を食べる感覚で栄養補給できるので人気です。
このセノッピーは、何歳から食べてもいいのでしょうか?

幼い頃からセノッピーを食べさせたほうが、普通よりもカラダが早く大きく成長できるのではないかと言った期待をしているかもしれません。

しかし、生まれる前に、お腹にいる赤ちゃんのために栄養補給をしようと思って、母親がセノッピーを摂取しても、子供にまで栄養が回るかどうかはわかりません。
常識的に考えれば、全くのムダとは言わないまでも、ほとんど期待できないと思ったほうがいいでしょうね。

また、生まれた直後の乳児は、離乳するまでの間は母乳やミルクで栄養補給を行うため、セノッピーを食べさせることはできません。

このため、セノッピーは、早くても離乳食が終了し、お子さんが普通の食事ができるようになってからのほうがいいですね。
離乳する時期には個人差はありますが、1歳から1歳半といったところになるでしょうか。

一方、セノッピーの販売元に「何歳からセノッピーを食べさせたらいいのか」と聞いてみたところ、「何歳からでもお召し上がりいただけます。推奨年齢は6歳以上です。」という答えでした。

セノッピーの販売元が「6歳以降がいい」と推奨している理由としては、乳歯が十分に成長しておらず、飲み込む力が弱い幼児は、セノッピーを喉につまらせてしまう心配があるからだといいます。

6歳以下の子供にセノッピーを食べさせる場合には、万が一、喉につまらせた際、すぐに吐き出せるように準備をしておくといいでしょう。

強く咳をするように促したり、背中を強く叩いたりする方法が挙げられます。

喉に異物を詰まらせる事故・・・この事故は、老人に限って起きる事故ではありません。もし、あなたのお子様が、ちょっと目を離した隙や、食事中に喉を詰まらせたなら・・・...

もちろん、これほどのリスクを抱えてまでセノッピーを食べさせたくないという選択肢もあるため、6歳以上になってから食べさせても十分です。

いつまでセノッピーを飲めばいい?

幼い頃からセノッピーを食べ始めても、カラダに栄養分がストックされるわけではないため、短期間でやめてしまうと効果は限定的です。

例えば、セノッピーを6歳からスタートして、8歳まで続けたら完璧だとは到底いえないですよね。
一方、13歳頃から始めて15歳でやめた場合、この時期は第二次性徴期のピークである場合が多く、栄養補給という点では良い時期と言えるでしょう。

もちろん、体の成長には個人差が大きいため、セノッピーを成長期のピークに摂取しても、必ず効果が出るとは限りません。
それでも、セノッピーを飲まなかった場合と比べると、何らかの効果が期待できるのではないでしょうか?

また、セノッピーを成長期が終わるまで摂取し続けるのは良いアイディアですね。
食事だけでは不十分になることが多い「成長に必要な栄養分」を、セノッピーによって継続的に補給し続けることができるからです。

>>セノッピーで不足している栄養を手軽に補給する