飲んでも伸びない!慌てる前に気をつけるべきポイントはこれだ!

しばらく食べても背丈が伸びない、期待したほどには成長できなかったなどという内容の口コミは、セノッピーに関しては少なくありません。

伸びないんだったら、高いお金を出してまでセノッピーを買う必要はないと思うのではないでしょうか?

しかし、セノッピーとは関係なく、身長が伸びない原因がいくつも存在することは、決して珍しくありません。

セノッピーを食べても、期待したとおりには身長が伸びない理由をまとめました。

第二次性徴期を過ぎてからセノッピーを食べる

一部の例外はあるとしても第二次性徴期を過ぎれば、身長や体重が増えることはありません。

このため、成長が終わった大人がセノッピーを食べたところで、成長サポートに役立つ可能性は低いでしょう。

日頃の食生活の乱れによる栄養不良を整えるのには役立つかもしれませんが、セノッピーだけでなく、市販のサプリやビタミン剤などでも可能です。

成長障害の影響で伸びない

成長ホルモンの分泌が正常に行われないなど、何らかの成長障害を発症すると、成長期になってセノッピーを食べていても背が伸びない場合が少なくありません。

全体的に見ると、成長障害が起こる可能性は低いですが、医療機関で適切な治療を受けることで改善する場合が多いです。
他の人と比べて成長が遅れていると思ったら、まずは医療機関に通ったほうがいいでしょう。

親からの遺伝によって低身長になる場合には、家族性低身長症、特発性低身長症などと診断されて、「病気じゃないから伸びないのは諦めなさい」と医師から言われる場合が多いです。

生活習慣の乱れで伸びない

もっとも可能性が高い原因として、生活習慣の乱れが挙げられます。
子供が成長するための要素として、以下の3種類があります。

  • 睡眠(時間、熟睡度)
  • 食事(栄養バランス)
  • 運動(時間、内容)

セノッピーを食べることで、偏食など、食事によるマイナス面をカバーできたとしても、その他の睡眠や運動に問題があれば、成長しづらくなる可能性が高まるばかりです。

もちろん、身長が伸びないかどうかは個人差が大きいです。
ろくに運動もせずに、毎日夜ふかししているのにも関わらず、背が高く格好いい・かわいい体型の人もいますが、あくまでも例外だと思ったほうがいいでしょう。

身長が伸びるために欠かせない成長ホルモンが分泌されるのは寝ている間ですから、睡眠時間が短いと背が伸びないと思われがちですが、睡眠の長さよりも質のほうが重要です。

勉強やスポーツなどが忙しくて、短時間しか寝られないとしても、しっかりと熟睡すれば、睡眠の質を高くできます。

その上で、定期的に運動するなど、身長が伸びやすい環境作りに取り組むといいでしょう。